SHE LOOK

きみになりたい

「最後の楽園へようこそ!」

f:id:superartlife:20120705144833j:plainf:id:superartlife:20120705144815j:plain

「PS2Uのゲスト追加になってないかな~」と何気なくtomapai.jp見てみたら、何よりも何気なーく8/1に発売されるnew albumのPS4Uのジャケが公開になってました。

YUIちゃんのグラビアで培われたヒット率、WADAちゃんのジャケ写による凡打率、そしてHINAちゃんがどんどん飯島愛化してきて少し心配です。ジェーンさんのツイートによると、初回/通常はジャケ写だけじゃなく中身も違うということで、はいはい買いますよとそこは問題無いですが、何といっても通常盤のこの昭和感な!LPならきっと逆に熱いので、LPも期待しとこう。


  • 「伝説に残る"女子2人組"は10年に一度現れる」(2009年)
  • 「会えない時も、そばにいる」(2011年)
  • 「最後の楽園へようこそ!」(2012年)


こういうキャッチコピー1つをとっても、トマパイは愛されてるなと感じるわけです。最初の伝説のなんちゃらはちょっと意気込みすぎて、2人なのに1人が脱退してしまってなかったコトになってるので、まあ無かったことにしておいてもらいたいのですが。あと、ももクロちゃん始めアイドルがガッツガッツ行きだした時に、非武装中立地帯的なアイドルとかも言われてましたね。


個人的には「会えない時も、そばにいる」これ最高だと思うんですけども、背景としては、当時はトマパイはライブどころかイベント自体が無かったし、多分両手で足りるくらいしかライブやってなかったはずだから、まさに「会えない時も、そばにいる」このフレーズが、ドン!グサリ!と刺さったわけですよね。いま思えば少し寂しいけれども。
他を揶揄するわけじゃないけども、ワンフレーズでガールズの立ち位置にピンを打ち込むキャッチはさすがです。攻めてないようで攻めてる、けど攻めてないよ、みたいな。


2012年1月から西麻布elevenでPS2Uが始まって、毎月のライブ&クラブイベントが始まって、大分景色が変わりましたよね。毎月のライブなんて前から考えたら夢のようだけど、人間の慣れというものは贅沢なもので、もうひと月が長く感じるものね。そういう意味では「会えない時も」感じるわけですが、それよりもPS2Uがまさに「最後の楽園」ですから。マジでようこそですから。


アルバムに向けて、夏に向けても非常にキャッチーなキャッチコピーだと思います。良いですね、もうすぐですね。


PS4U(初回生産限定盤)(DVD付)

PS4U(初回生産限定盤)(DVD付)


PS4U

PS4U