SHE LOOK

きみになりたい

第1回アイドル楽曲大賞2012投票内容

f:id:superartlife:20121129005754j:plain

トマパイの散開が決まった今(実感沸かなくて逆に平温状態)、ここをどうするか悩ましいところですが、ハロプロ楽曲大賞2005以来7年ぶりに投票しました、アイドル楽曲大賞に。実際に投票した時のコメントと共にご紹介。



楽曲部門


1位:大事なラブレター / Tomato n' Pine / 3pt

軽快で颯爽な心が弾むシティーポップ。渋谷系をオマージュした歌詞遊びもいい。個人的にはNOWHEREをオマージュしたと思われる、「小さなソルジャー」というフレーズが好き。
(収録CD:「PS4U」)


2位:ジングルガール上位時代 / Tomato n' Pine / 2.5pt
王道のブリティッシュポップのクリスマスソング。PVではBlue Noteを意識したような演出も。舞台は(おそらく)日比谷線の恵比寿駅。景色が目に浮かぶ歌詞が素晴らしい。楽曲大賞投票の時期とシンクロして最近特にヘヴィロテです。
(収録CD:「ジングルガール上位時代」「PS4U」)


3位:そして寝る間もなくソリチュード (SNS) / Tomato n' Pine / 2pt
トマパイがアタマオカシイソングを解釈するとこんな感じに。2番のツーバスドラムがアタマオカシイ。ライブでモッシュが起こる唯一の曲。今年の再生回数だったらナンバーワンかも。
(収録CD:「PS4U」※moraにて先行配信)


4位:ワナダンス! / Tomato n' Pine / 1.5pt
西麻布elevenのアンセムに。これも広義のクリスマスソングなんですよね。この曲を初めて聴いた時のインパクトは忘れられず、アイドルソングで最も黒い曲なんじゃないでしょうか。まあ、とにかくWADAちゃん。
(収録CD:「ジングルガール上位時代」「PS4U」)


5位:恋のMusic / キャラメル☆リボン / 1pt
キャッチーでアーバンなポップス。声は幼いというハードルはあるけれども、乗り越えるとステキな楽園。ぜひともこの路線とクオリティで突き進んで欲しいところです。
(収録CD:「恋のMusic」)




アルバム部門


1位:PS4U / Tomato n' Pine / 5pt
散開が決まった今、後世に語り継がれるような、そんなアルバムになって欲しいです。というか、そういうアルバムです。


3位:ぱみゅぱみゅレボリューション / きゃりーぱみゅぱみゅ / 0.5pt
娘のヘヴィロテ枠。「Drinker」とか「好きすぎてキレそう」とか好き。僕の中の「中田ヤスタカの2枚目以降はどんどん標準化していく法則」が発動して、1枚目の「もしもし原宿」よりもエッジもキャッチーさも摩耗して丸くなってる感はあるんだけど、それでも地力が違うというか。イイアルバムです。


3位:ハートの呪文 / Lucky Color's / 0.5pt
3位は迷ったんですけど、アルバムを通して一番ヘヴィロテしてるのがこのアルバムだったので(とは言え4曲収録でアルバム枠というのも微妙ですが)。ひさびさの事務所通販発動して買いました。4曲とも捨て曲なしで、FLOORよりの音が好きな人はストライクに入ると思います。





推し箱部門

f:id:superartlife:20110515141617j:plain
f:id:superartlife:20121129011629j:plain


Tomato n' Pine
今後ガールズ以上に応援できるアイドルはきっと出てきません。