SHE LOOK

きみになりたい

モーニング娘。新曲が引き続き素晴らしい件


モーニング娘。 『ワクテカ Take a chance』 (Dance Rehearsal)

前作の「One・Two・Three」にて、ライトな娘ヲタとしておずおずと戻ってきたわけですが、今回の「ワクテカ Take a chance」も前回に続いてのエレクトロハウスでとっても素晴らしいです。アイドル楽曲の質も非常に上がってきて、いや正確にいうといろんなジャンルの音楽が玉石混淆で、毎週のように好みの楽曲が泉から湧いてきて僕自身もいろいろ溢れちゃってるんですけども、このメジャー感を出せるのはモーニング娘。しかいないでしょ。


目をつぶったら少女時代に聴こえないこともないけれども、少女時代の楽曲はお金をじゃんじゃんかけているハイクオリティサウンドなので、とてもポジティブなことなのですよ。
自分がそうだから言うわけじゃないですが、123っと戻ってきたor入ってきた人が多いからこその10年ぶりの10万枚達成なわけで、前回からの楽曲継承は非常に正しい戦略だと思います、はい。このタイミングでトランスとかやられたら涙が止まらない放課後


つんくボーイの独断で流出させたというプロセスからも意気込みを感じるし、しばらくは安心していいのかな?というタイミングで過去はズッコケさせられてたから油断は出来ないですが、平地で行われているアイドル戦国時代を城壁の上から眺めているポジションに娘。がいることは嬉しいことです。天守閣にはAKBがいますが。そして国民的卒業をした前田敦子が、関白になるか民間人になるかは分かりませんが。


ちなみに、ハロプロで代々伝統になっている「質量保存の法則」をひとりで引き受けてくれているズッキこと鈴木香音君には、みなさん感謝が必要ですよ。そろそろ永谷園あたりが懸賞を出すべきだと思います。